Drip Teaについて

driptea

Tea Futoh(ティーフート)では、専門店のような美味しいお茶をいつでも手軽に飲んでいただけるよう日本茶のドリップバッグ「Drip  Tea」「Drip Tea + plus」を作りました。

 


 Drip Tea が美味しい理由  

POINT 1 / 

茶葉が開いて、うまみがでます

お茶を美味しく淹れるコツは、お湯に浸された茶葉が踊るように開いていくこと。急須の中のように、茶葉がゆるやかにお湯にひたると、茶葉のうまみがしっかりと抽出されます。

ドリップバッグ は、急須のような広い空間が確保できるので、
茶葉が十分に開いていくことができます。
Drip Teaにお湯を入れて待つ時間は、ゆっくりと茶葉が開いていく様子を見てください。
cup


POINT 2 / 

お茶のために開発されたドリップバッグ を採用

kiji

生地はメッシュ 

日本茶のために開発されたドリップバッグは、メッシュタイプの生地フィルターを採用しています。
コーヒーのドリップバッグ とは異なるメッシュ生地は、カップの中で茶葉にお湯がしっかりと行き渡るよう粗い目になっています。
茶葉のうまみを引き出すために生地も特別仕様です。

*コーヒーは油分を通さないために目の細かい生地を使いますが、お茶には湯が通りやすいように向こう側が透けるぐらいの目が大きなメッシュ生地を採用しています。

 

cup

カップでも使いやすく、入れやすく  

またマグカップでも使いやすいように、カップに掛ける「手」の部分やドリップバッグの高さも、長めに設計されています。

専用の生地と構造で茶葉本来がもつ豊かな滋味を楽しんでいただけます。

 

 


 比べてみる!
急須  vs ドリップバッグ  vs ティーバッグ 

茶葉が広がる空間の大きさは歴然。
茶葉のうまみは広い空間で茶葉を開かせるほどに出ます。

Comp

 



  茶葉が違う  

こだわり  / 

全国の茶畑から、希少なお茶をお届けします

日本には隠れた名茶が沢山あります。日本茶ソムリエ(*1)が日本全国の茶畑を巡って出会った、"とびきり"の茶葉をドリップバッグ に詰めました。

本当に美味しいお茶は香り高く、"うまみ"や"あまみ"、"渋み"など滋味の表情が豊かです。
農家さんに大切に育てられた茶葉たちの美味しさをご堪能ください。
farm

お茶の種類もお馴染みの煎茶から珍しい製法まで、もちろん全て国産です。
今後もぞくぞく増えていきます。
chashu

 


 

 Drip Tea の味わい方  

POINT 1 /

香りも味わう

ドリップバッグは上部の口が開いているので、お湯を淹れると
抽出時間中、カップからは香りの湯気が立ちます。

今まで日本茶を淹れるときに感じづらかった香り。
淹れ上がりを待つ時間は、ゆっくりと湯気を楽しんでください。

POINT 2 /

何度も味わう

1つのDrip Teaで何回も楽しめます。
1回ごとにしっかりお湯を切っていただければ、3〜4回と楽しんでいただけます。

お茶は煎ごとに風味が変わります。
1煎目は華やかな香り、しっかりとした甘味、
2煎目は優しい香り、さっぱりとした苦味など
煎ごとに楽しんでください。


お茶ごとに美味しく飲めるレシピはパッケージに記載しています。

 

 お買い求めはこちらから
shop

 


こちらもチェック

さらに+Plus パックを入れると新しい風味の変化をお楽しみいただけます

Drip Teaの美味しい淹れ方はこちらから

素材についてのこだわりはこちらから